<普天間移設>平野官房長官、沖縄知事に県内移設も示唆(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 25日 懸賞

 平野博文官房長官は20日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡って沖縄県庁で仲井真(なかいま)弘多知事と約20分間会談した。仲井真知事は「県外移設への声はますます高まっている。政府にはベストの方向でお願いしたい」と県外移設を要請。平野長官は「常にベストを求めていくがベターになるかもしれない」と述べ、県内移設になることもあり得るとの見通しを示した。

 仲井真知事がキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設案の検討状況をただしたのに対し、平野長官は「政府としてアメリカと内々にやっていることは全くない」と米側への打診を否定した。仲井真知事は「頭越しにならないよう、意見交換や相談するステージを必ず作っていただきたい」と念を押した。【横田愛、三森輝久】

【関連ニュース】
普天間移設:民主沖縄県連、県内移設反対を強調
平野官房長官:19〜20日に沖縄訪問
普天間移設:名護市長が首相に「海にも陸にも造らせない」
普天間移設:名護市長、「シュワブ陸上拒否」
沖縄振興策:民間有識者を中心にした会議設置へ 政府

野田財務副大臣「子ども手当のハードル高い」(産経新聞)
<平野官房長官>危機管理「懸念は無用」(毎日新聞)
正常化のめど立たず=自民欠席で粛々審議−国会(時事通信)
<就職内定率>高校生は74.8% 下げ幅過去最大(毎日新聞)
工事騒音で牛暴れる、福島県などに賠償命令(読売新聞)
[PR]

by bih7ybqs1t | 2010-02-25 22:51

<< 放浪記 5月5日からの公演中止...   首相が小沢氏に「お互いに説明尽... >>