介護職員処遇改善交付金、2月サービス分の申請期限を延長―厚労省(医療介護CBニュース)

懸賞 2010年 03月 02日 懸賞

 厚生労働省は2月23日、介護職員処遇改善交付金について、3月末までに申請すれば2月のサービス提供分にさかのぼって交付を行うとの事務連絡を都道府県などにあてて出した。

 昨年10月にスタートした介護職員処遇改善交付金は、原則として申請があった月のサービス提供分から交付の対象となる。さらに、2月のサービス提供分を最初の月とする事業年度ごとに申請する必要があるため、今年2月から交付を受ける場合、月末までに申請手続きを行う必要があった。
 しかし厚労省は、09年度に引き続き10年度も交付を受ける場合に、申請手続きが再度必要になることを認識していない事業者が存在する可能性があるとして、今回の特例措置を決めたという。


【関連記事】
介護職員処遇改善交付金の申請率は80%に―厚労省
介護職員処遇改善交付金の不正通報窓口を設置―大阪
介護職員の処遇改善は実現するのか―2009年重大ニュース(2)「介護報酬改定と介護職員処遇改善交付金」
介護職員の「キャリアパス要件」、年度内に決定
介護報酬改定後、月9千円賃金アップ―厚労省が速報値

関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求−東京地裁(時事通信)
自民が審議復帰=議長不信任案など否決−衆院(時事通信)
参院選「本格保守」アピール=外国人参政権、夫婦別姓に反対−国民新(時事通信)
<全日本学生児童発明くふう展>表彰式 常陸宮ご夫妻も出席(毎日新聞)
ストックオプション 相次ぐ脱税摘発 「給与認定」最高裁の判断背景(産経新聞)
[PR]

by bih7ybqs1t | 2010-03-02 15:42

<< 若田宇宙飛行士 ISS運用ブラ...   <ニュートリノ>295キロ離れ... >>