「竹島問題の根拠示せ」拓大教授が北教組に質問状 (産経新聞)

懸賞 2010年 03月 08日 懸賞

 北海道教職員組合(北教組)が平成20年に作成した機関誌兼学習資料で、竹島問題は「韓国の主張が事実にのっとっている」としていることについて、拓殖大学国際学部の下條正男教授(59)は6日、札幌市中央区で開かれた「北海道青年フォーラム」で、「竹島が韓国の領土だとする北教組の主張は誤りだ」として、北教組に対し見解を求める公開質問状を示した。

 フォーラムには約100人が出席。下條教授は歴史的経緯を示したうえで、「竹島が日本の領土であることは明白」と強調。北教組に対し「竹島が韓国領で、日本領ではないとする根拠はどこにあるのか、歴史的根拠を示せ」など4点の質問を示した。

 下條教授は集まった人々に、北教組に対し、さまざまな形で質問の回答を求めていくよう呼びかけた。

【関連記事】
闘争マニュアル問題 文科相が北教組指導へ
教員罰則規定 輿石氏が余裕の発言
北教組事件 渡部氏「本当に恥ずかしく残念」
北教組不正資金提供で小林議員が小沢氏に状況説明 進退は言及せず
鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)
<原子力副読本>小中学生に配布 エネ庁と文科省(毎日新聞)
「トラスト・ミー」で探り合い=普天間めぐり米大使と平野官房長官(時事通信)
消費者物価1.3%下落=11カ月連続マイナス−1月(時事通信)
野口飛行士 宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に(毎日新聞)
[PR]

by bih7ybqs1t | 2010-03-08 21:00

<< 対ガンブラーで14社結束、情報...   防衛大生、3人で女性に暴行…警... >>