対ガンブラーで14社結束、情報共有し防御研究へ(読売新聞)

懸賞 2010年 03月 10日 懸賞

 コンピューターウイルス「ガンブラー」によるウェブサイト改ざんを受け、セキュリティー対策会社など14社は2日、任意団体「Web感染型マルウェア対策コミュニティ」を設立した。

 ライバル会社の垣根を越えて感染情報を共有し、ガンブラーへの処方せんを作って一般公開する方針。

 ガンブラーは、改ざんしたウェブサイトを閲覧した人のパソコンを知らぬ間に感染させて不正サイトに誘導、別のウイルスを埋め込む。社団法人「JPCERT」によると、昨年11月は79件、同12月に89件だったウェブ改ざんの報告は今年1月に384件と急増している。

 ただ、ガンブラーの亜種は次々と生まれ感染に気付かない人も多く、表面化しているのは氷山の一角と言われる。同コミュニティでは、参加企業が感染実態の情報や感染したウイルスの構造を共有することでガンブラーの攻撃を分析し、防御手法を研究していく。

 この日都内で開かれた記者会見で、運営委員長を務める「フォティーンフォティ技術研究所」の鵜飼裕司社長は「ガンブラー被害は深刻で、1社だけではどうにもならない状況。それぞれの得意分野を生かして対応したい」と話した。

パラリンピック 難聴障害者が鈴木選手を現地撮影へ(毎日新聞)
普天間、県内なら謝罪を=自民・大島氏(時事通信)
奈良時代に「D」?記号入り須恵器が出土(読売新聞)
「ヤミ金融やめていた」初公判で被告無罪主張(読売新聞)
官房長官も「トラスト・ミー」、駐日米大使に(読売新聞)
[PR]

by bih7ybqs1t | 2010-03-10 07:25

<< 小沢氏関連団体 4億超、現金で...   「竹島問題の根拠示せ」拓大教授... >>