鉄砲サミットで古式砲術、彦根城にごう音響く(読売新聞)

懸賞 2010年 03月 27日 懸賞

 全国古式砲術鉄砲サミットin彦根(井伊直弼と開国150年祭実行委など主催)に全国から参加した23団体が、最終日の21日、滋賀県彦根市・彦根城内の大手前公園の特設ステージで、観光客や市民ら約2500人が見守る中、演武を行った。

 各団体が10分ずつ披露。甲冑(かっちゅう)や裃(かみしも)などの時代装束を身につけた4〜17人のメンバーが、それぞれの流儀に従い、直立やひざ立ちでの射撃などを見せた。

 「放て」「撃て」などの力強い号令の直後に、体の芯に響くようなごう音がとどろくと、空砲と分かっていても、思わず首をすくめてしまう見物人の姿も。午前と午後の最終演武では、各団体の代表が、流儀を超えて一斉射撃を見せていた。

平成22年度予算24日に成立 民、自両党が本会議採決で合意(産経新聞)
妻の「帰宅不満」爆発 「電話の1本くらい入れてよ」(J-CASTニュース)
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
<文科省>所管の財団に委託費返還請求 人件費過払いで(毎日新聞)
郵政改革、官への先祖返り=大島自民幹事長(時事通信)
[PR]

by bih7ybqs1t | 2010-03-27 13:08

<< 【自民党「苦悩」の現場】「邦夫...   名古屋市の責任認める=「事故は... >>