特別背任容疑で告発のNOVA元社長、不起訴(読売新聞)

懸賞 2010年 04月 08日 懸賞

 英会話学校「NOVA」(大阪市、破産手続き中)に約21億円の損害を与えたとして、破産管財人から特別背任容疑で告発された同社元社長・猿橋(さはし)望被告(58)(業務上横領罪で有罪判決を受け、控訴中)について、大阪地検特捜部は不起訴(嫌疑不十分)とした。3月31日付。

 猿橋被告は、自ら実質経営する通信事業会社から、不要なテレビ電話機を、NOVAに大量に仕入れさせて損害を与えたなどとして告発されたが、特捜部は猿橋被告に資金が渡っておらず、損害を与える目的もなかったと判断した。

「なぜ役人がランク付け」=会見オープン化調査に不快感−岡田外相(時事通信)
憲法改正「議論必要なし」 枝野行政刷新担当相(産経新聞)
首相動静(4月4日)(時事通信)
警察庁長官「初動高度化を」=刑事部長会議で足利事件に触れ(時事通信)
<将棋>羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局(毎日新聞)
[PR]

by bih7ybqs1t | 2010-04-08 19:31

<< 橋下新党 堺市議らに参加を要請...   【風】高校無償化は「不公平」(... >>