普天間問題で28日に「首相発言」 地名の特定は避け(産経新聞)

懸賞 2010年 05月 20日 懸賞

 鳩山由紀夫首相は19日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先に関する「首相発言」を28日に表明する意向を固めた。沖縄県内への代替施設建設と基地機能の県外への分散移転を組み合わせる案を検討しているが、地名の特定は避ける見通し。

 首相は閣議了解を目指していたが、社民党の反発を受け、閣僚署名を必要としない首相発言にとどめた。

 方針決定にあわせて、日米両政府で合意文書を発表することも検討している。ただ、米側はキャンプ・シュワブ(同県名護市)沿岸部沖合に杭打ち桟橋(QIP)方式で代替施設を建設する日本側の提案を拒否しており、文書化できるかは不透明だ。

 21日には首相や岡田克也外相が、クリントン米国務長官と会談。北沢俊美防衛相は24日、米国でゲーツ国防長官と最終調整を行う。首相は23日に沖縄県を再訪問する意向を示し、27日には全国知事会で訓練移転への協力を呼びかける。

【関連記事】
「自然への冒涜」の定義変更 普天間代替で首相
橋下知事「子供たちに米軍基地をみせるべき」
福島社民党党首 「首相発言」での決着に反対
国民新党の下地氏が訪米 普天間問題で意見交換
「杭打ち方式断念」報道を否定 普天間問題で松野官房副長官
中国が優等生路線に?

<新型インフル>患者情報の対応分かれ 都道府県調査(毎日新聞)
<小沢幹事長>国民新・亀井代表と会談(毎日新聞)
仕分け余波、国道利用者に欠陥通報求める(読売新聞)
石原知事、谷さん擁立「日本を考えたことあるか、聞いてみろよ」(産経新聞)
JAC機、前脚出ず引き返し=手動操作し緊急着陸−鹿児島(時事通信)
[PR]

by bih7ybqs1t | 2010-05-20 16:18

<< <口蹄疫>エース級種牛感染疑い...   <狭山事件>石川さん支援集会 ... >>