鳩山首相 党内から早期退陣論 小沢氏と進退協議へ(毎日新聞)

懸賞 2010年 06月 07日 懸賞

 民主党内で31日、米軍普天間飛行場移設問題での迷走や社民党の連立離脱を踏まえ、鳩山由紀夫首相の早期退陣を求める声が強まった。民主党の小沢一郎幹事長と輿石東参院議員会長は同日夕、国会内で急きょ首相と会談し、事態打開に向け協議した。小沢氏は同日夜の正副幹事長会議で、「あらゆる状況が厳しい。社民党が離脱し、非常に厳しい状況だ」と明言し、首相にも「参院選情勢は厳しい」との認識を伝えた。小沢氏は一両日中に首相と進退を協議する意向だ。一方、首相は31日夜、記者団に続投への意欲を示しながらも、9月の民主党代表選への出馬について「そこまで考えている余裕はない」と語った。政府・民主党内で緊張感が高まっている。

 3者会談は約8分間にとどまった。首相は会談後、首相官邸で記者団に対し「厳しい局面だが、国家国民のために、3人で力を合わせて頑張ろうと打ち合わせた」と述べ、続投に重ねて意欲を表明した。記者団が「首相続投を確認したのか」と質問したのに対し、「当然であります」と答え、早期退陣を求める民主党内の動きにクギを刺した。

 首相は「私自身のことで迷惑をかけていることは理解しているが、国民のために働かせていただきたい。初心に戻る思いで頑張るしかない」と強調した。だが、党代表選への出馬は明言しなかった。

 退陣論の火消しを急ぐ首相に対し、民主党は31日の役員会で今後の対応を小沢、輿石両氏に一任することを申し合わせた。小沢氏は役員会で「首相から呼ばれて話し合おうということだったが、今日は時間がないので、一両日中にきちんとした話をする」と指摘。首相の認識と異なり、続投を容認したわけではないとの見方を示した。

 また、小沢氏に近い民主党の高嶋良充参院幹事長は31日、国会内で記者団に対し、「非常に深刻な事態に陥っている。事態打開を参院側から要請したい。どのような形で対応されるかは首相の決断にかかっている」と首相の自発的辞任を公然と求めた。

 一方、社民党は野党側が提出予定の内閣不信任決議案や首相問責決議案の対応について、改めて協議する。同党の又市征治副党首は31日夜、「民主党との選挙協力の前提は鳩山退陣しか道はない」と語った。さらに首相続投なら民主党は大敗するとの見通しを示したうえで、「小沢氏が何も策を打たないということはないだろう」と首相の早期辞任に期待感を示した。【坂口裕彦、念佛明奈】

【関連ニュース】
<どうなる鳩山政権>毎日世論調査:鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%
<どうなる鳩山政権>鳩山首相:続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」
<どうなる鳩山政権>社民党:内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」
<どうなる鳩山政権>社クローズアップ2010:内閣支持20% 民主「鳩山降ろし」噴出
<どうなる鳩山政権>社社民党:内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」

民主党新代表に菅氏…291票獲得(読売新聞)
民主・辻副幹事長「検察審問い合わせ、当然だ」(読売新聞)
<環境白書>閣議決定 環境技術で新たな成長(毎日新聞)
4歳長女を殴るける、やけどの跡も…父ら逮捕(読売新聞)
民主支持回復29%、辞任評価69%…読売世論調査(読売新聞)
[PR]

by bih7ybqs1t | 2010-06-07 23:05

<< 新幹線 E5系初乗り入れ 八戸...   <口蹄疫>エース級種牛感染疑い... >>